Adobe CCとは!?お得にAdobe製品を使用できる方法を解説【動画編集始めたい方へ】

動画編集

Premiere ProなどのAdobe製品をお得に契約したいけど、いい方法ないかなぁ? プレミアプロで動画編集を始めてみたいけど、やり方がわからない 

 

こういった方、当記事を参考に!

 

KOSEI
こんにちは、関東や四国で映像製作を行っているKoSEIです。実際に映像作品も公開しています。YouTube

 

今回の記事では下記のような疑問に答えます。

Adobe CC(Adobe製品のコンプリートプラン)を通常の半額で契約する方法を知りたい

・どこでAdobe CCを契約できるのかなぁ?

Adobe CCのメリットは?

・副業や本業での動画編集者ならプレミアプロ一択って聞いたけど、なんで?

 

KOSEI
私は普段、下記のようなシネマティックな作品を製作したりしていますが、映像クリエイターとして仕事もしています。

動画編集を副業や仕事で行う場合は、基本的にAdobeのプレミアプロ の1択です。私も現在、Adobe CCのプランで映像製作をしています。

 

しかし、Adobeのプレミアプロや他Adobe製品って、プロのクリエイターや映画業界でも本格的に使われていたりして、ハイスペックなソフトの印象がありますよね。

そして、「なんか高そう」みたいな印象もあります。

 

実際に、多くの動画編集者達が使用するAdobe CCのプランは、通常年間71,637円(税抜)もしますからね、、

KOSEI
高いですね、、、

 

ここで、今回紹介する方法が
この年間71,637円(税抜)Adobe CCほぼ半額の値段→36,346円(税抜)の値段で契約するという方法です。

KOSEI
ちなみに、とても簡単な方法なのでご安心を(笑)

 

最後まで読んで頂ければ、大丈夫です!

詳しく解説していきます。

▼参考関連記事

動画編集を快適にする周辺グッズ7選!【効率UP×疲労削減へ】



Adobe CC(コンプリートプラン)とは? 何ができる?

Creative Cloudは、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどための20以上デスクトップアプリモバイルアプリ、サービス提供します。最新リリースではPhotoshopiPad対応し、スケッチペイントアプリFrescoや、ARオーサリングツール新たに加わり、誰でも、どこにいても、想像赴くままに創作することが可能なります。 

Adobe CC公式HP 参照:https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html

要するに、Adobe CC(コンプリートプラン)を契約すると、殆ど全てのAdobe製品を使用できるようになります。

もちろん、Premiere Pro・After effects・Photoshop・Illustratorのようなソフトも使い放題のコスパ最高のプランです。

 

副業や本業として、動画編集や映像制作のような仕事を行なっていく場合、Premiere ProAfter effectsのようなソフトは全て必要になってくるので、Adobe CCの利用は必要になってきます。

 

Adobe CC(コンプリートプラン)は、安く購入する方法で、アカデミック版(学生・教職員個人版)と呼ばれたりして、勘違いされがちなのですが、社会人の方でも利用可能です。

商用利用も可能なので、動画編集者の方も安心できます。

 

▼Adobe CCは多くの動画編集者やクリエイターが使っています。

 

 

Adobe CCはどうやって安く(半額)購入できるの?

参照:https://www.tanomana.com/adobe/

今すぐAdobe製品を安く利用したい!使いたい!

 

KOSEI
Adobe CCを利用したい方は、ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信からの購入をオススメします。

 

下記が通常の料金ヒューマンアカデミー「たのまな」からAdobe CCを購入した場合の料金です。

通常年間71,637円(税抜)
→たのまな 年間36,346円(税抜)

通常月間5,970円(税抜)
→たのまな 月間3,028円(税抜)

 

KOSEI
ほぼ半額ですよね、、 これ知らないだけでかなり損します

 

念の為、確認用に下記にAmazon等のリンクも載せています。価格をチェックしてみてください。

 

注意点

ヒューマンアカデミー たのまなの購入を迷っている方への注意点

1年以上前だと、「たのまな」のAdobe CCプラン は29,800円で販売されていました。

現在は若干値上げされてます。それでも通常のほぼ半額ですが、今後もこの割引料金が続く保証はないので、現在のほぼ半額の価格でAdobe CCを契約したいと思う方は、早めの購入がおすすめです。

 

Adobe CCには、通信講座も付いてる?

参照:https://www.tanomana.com/adobe/

ヒューマンアカデミー たのまな Adobe CCを購入すると、通信講座もついてくるので、無料で動画編集や各ソフトの基本的な使い方について学ぶことができます。

 

KOSEI
ただAdobe製品が使えるというだけではなく、料金も半額になり、通信講座もついてくるので、かなりお得です。

 

通信講座は、基本的に1ヶ月間の受講が可能ですが、3ヶ月や12ヶ月コースも選択が可能です。

 

Adobe CCは、1ライセンスで2台のパソコンで使用が可能なので、ノートパソコンなどを使用して、いつでもどこでも勉強が可能です。

 

 

購入から使用方法について

Adobe CC購入→使用までの流れは下記です。

① Adobe CC(コンプリートプラン)を購入
まずは、たのまなの公式サイトからAdobe CCを購入します。クレジットカード払いやコンビニ払いが可能。

②ライセンス認証
購入後、ライセンス認証のためにライセンスコードが記載されたメールが送られてくるので、Adobe登録サイトで、ライセンスコードを入力して認証へ進みます。

③完了(これであなたもクリエイターへ!)
これで完了です。

これから、Adobe CC(コンプリートプラン)が今後1年間利用できます。

 

>>ヒューマンアカデミー「たのまな」Adobe CCはコチラから

 

 

Adobe CCを使用してみた感想

KOSEI
Adobe CCを使用してみて感じた感想は下記のような感じです。

・とても安い

・ほぼ全てのAdobe製品を使える

・通信講座が付いてる

・商用利用可能なので、仕事にも安心

 

アカデミック版のAdobe CCを購入したことによって、まず料金が半額になり、ほぼ全てのAdobeソフトが利用可能になりました! 

 

KOSEI
正直メリットしかないです。

 

敢えて、デメリットをあげるなら、期間が1年間と限定されているので、また来年更新しないといけないという点くらいです。 でもそれは、仕方ないですよね。

 

 

コース(料金)の種類は?

たのまなのAdobe CCには、

・3つの通信コースプラン
・3つの料金プラン

があります。

 

下記のような感じですね。

【通信講座の期間別】
1ヶ月コース 36,346円(税抜き) 推奨
3ヶ月コース   41,634円(税抜き)
12ヶ月コース  69,818円(税抜き)

KOSEI
実際、動画編集は、1ヶ月間もあれば十分に勉強できます。私は1ヶ月コースで十分だと思いました!

基礎を最短で学んで、実際に仕事をこなす方が成長できるはずです。

 

【ライセンス期間別】
1年版コース(オススメ) 39,980(税込) 推奨
2年版コース 148,200円(税込)
3年版コース 177,700円(税込)

これは、間違いなく1年版がお得でオススメです。

2年版や3年版を購入したい場合は、たのまなで購入するよりも、Amazonなどの方がお得かもです!



仕事では、Adobe プレミアプロの一択です。

動画編集ソフトって他にもFinal Cut ProやFilmora9などあるし、スマホの編集ソフトとかじゃいけないんですか??

 

KOSEI
よく聞かれる質問ですが、仕事の場合、Adobe以外はオススメしていません。

 

「私も初心者の頃は、無料の動画編集ソフトでもいいかな」と思ってました。

 

しかし、実際に映像の仕事を受けてるとわかってきます。動画編集市場の案件は、基本的にAdobeのプレミアプロを使えることを前提とした案件が9割以上です。

 

これは本当です。

 

そもそもAdobeのプレミアプロは、ハリウッド映画でも使われるようなソフトです。

プロジェクトファイル(動画編集ファイル)もクライアント様や第三者と共有が可能で、細かな部分の編集にも対応できます。エフェクトやテロップなども、種類が圧倒的に多いです。

これぞ、Adobe製品、プレミアプロなのです。

 

これから動画編集を仕事として頑張っていきたい方は、黙ってAdobe CCを契約しておくのが吉です。

 

>>ヒューマンアカデミー「たのまな」Adobe CCはコチラから

 

 

最後に

今回の記事では、これからAdobe CCをお得に購入して、動画編集にチャレンジしていきたい!という方へ向けて執筆しました。

ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信のほぼ半額のプランも、いつ値上がりするかわからないので、念のため早い内に購入しておくことを推奨します。

 

KOSEI
また、Adobe CCは、かなり凝った映像制作をする方にも向いています!是非一緒に製作活動頑張りましょう!!

 

▼他参考人気記事