映像・動画制作の始め方と手順について解説 【初心者でも安心】

動画編集

今需要が拡大している映像・動画制作を始めてみたい!
仕事にしたい!でも始め方がわからない。

 

こういった方、当記事を参考に

・趣味で映像制作を始めたい

・仕事として動画制作を始めてみたい

・社内でYouTubeの映像部門を作りたい

今記事は、映像を始めたい目的問わず、これから映像を始める方の参考になれればと思います。

映像制作の世界は、入り込めば、入り込む程、奥が深く、永遠に学び続ける世界ではありますが、別にプロのクリエイターでなくても、映像制作自体は、ある程度勉強すれば誰でも身につけられるスキルです。

 

KOSEI
当記事の執筆者である私は東京や四国をメインに映像製作(企画、構成、撮影、編集までワンストップにて)をしています。映像作品も公開しています。YouTube

映像製作に必要なもの&流れ【初心者向けに解説】

映像制作には、まず下記の3点が必要です。

・映像素材(カメラ)
・PC
・編集ソフト

料理で例えると

・映像素材→食材
・PC→キッチン
・編集ソフト→調理器具

このような感じです。

詳しく解説します。

 

映像素材(カメラ)

映像制作でいう映像素材は、料理でいう食材です。

どんなに調理スキルがあっても、良い食材がないと美味しい料理を作れないのと同じで、映像制作でも、より良い映像素材があれば、成果物のクオリティは上がります。

そこで、映像素材を作るためには、カメラが必要となります。

KOSEI
カメラと言っても、どんな映像作品を作りたいかによって、話は変わってきます。

一般的なYouTubeのような動画や家族の想い出動画であればスマホ(例-iPhone11〜12等)を使用すれば、それなりのクオリティに仕上げることが可能です。

実際に私が担当している登録者数100万人超えの国民的アイドルグループのYouTubeでも、撮影にiPhoneを使用していて、驚いた経験があります。

とはいえ、本格的に映像制作を始めて

企業VPウェディングムービーMV映画制作等に携わって行きたいのであれば、早い段階で、プロ仕様シネマカメラ一眼レフカメラ等に投資しましょう。

 

KOSEI
下記は参考ですが、多くのトップクリエイターが愛用している王道のおすすめカメラです

カメラ機材に関しては、そのカメラで撮影されたプロの作品の真似からスタートしてみるのがいいと思います。

 

Sony α7Ⅲ

α7Ⅲは、ド定番のロングセラーカメラです。

最強のフルサイズミラーレスカメラで、高速オートフォーカス機能搭載、2420万画素のクオリティ、バッテリーも大容量で、もちろん手ブレ補正も付いています。

この機種の後継機は更に性能UPしているのですが、値段が中古車みたいな価格になってしまうので、現状、これから映像を始める方には、α7Ⅲが丁度良いのではないかと思います。

α6400

2019年の2月に発売されたα6000シリーズの大ヒットカメラです。私も使用しているお気に入りのカメラで、コスパ最強です。

リアルタイム瞳AFリアルタイムトラッキングもかなりレベルが高いカメラです。

α6400には、手ぶれ補正が付いていないのが欠点だと言われますが、正直映像を撮影する際は、定点撮影であれば大丈夫ですし、ジンバルを使って撮影もできるので、あまり気にする必要は無いのでは?とも思います。

 

α6600

2019年の9月に発売されたα6000シリーズの最上位機種カメラです。

小型のミラーレス一眼カメラにも関わらず、5軸ボディ内手ぶれ補正搭載、バッテリー容量が拡大、自撮りにも最適なカメラです。

この機種さえあれば、当分困ることも、他の機種が欲しいと思わされることも無いと思います。

 

Panasonic GH5 mark II

こちらはSonyではなく、Panasonicの名機GH5シリーズの最新機種GH5 markⅡです。

GH5は、Sony α7Ⅲとの購入で迷う人が多い機種だと思います! 値段的には、GH5の方が安く、また連続撮影時間にも制限がない(Sony α7Ⅲは30分)ので、

使用用途によっては、GH5が初心者にとって、とっつき安いプロ仕様入門機な気もしますね!

 

DJI Osmo Pocket

DIJ Osmo Pocket は、現在3万円前後で手に入れることができます。

かなり小型のカメラですが、4Kにも対応しており、映像はかなり綺麗です。ジンバル(ブレ抑え機能)も搭載されており、DJI社のこの性能のカメラで、3万円前後という値段は、コスパ最強だと思います!

一眼レフのようにボケ感は作れませんが、実際にYouTubeの動画にはよく使用されています。個人で作るVlogにも最適です。

 

PC (一定のスペックは必要)

続いて、編集する為には、PCが必要です。

KOSEI
私が使用しているPCは、MacBook Pro 16 インチです。

映像制作や動画編集で仕事をしていく場合は、PCへの投資は必要不可欠です。

 

動画編集を快適にできるPCを選ぶ際は、下記の項目をチェックして選定することをおすすめします。

メモリ: 16GB以上 (8GBも最低限の編集は可能)

・CPU : Core i7以上

・ストレージ(容量)500GB~1TB以上

上記スペックだと、相場的には10万円少し超える価格帯〜30万円前後の値段です。

 

私は30万円程のMacBook Pro 16インチを購入しました。少し値段が高いですが、4K映像でも楽に編集ができて、After effects も問題なく使えます。 

MacBook は、売却する際にも価値が下がりにくいので、最終的にコスパは悪くないです。

比較的値段が安いMacBook air でも、最新のものであれば、簡単な動画編集は可能なのですが、仕事で使うには、動作が重く、ストレスになると思います。

PCは、Windows でもMacでもいいですが、スペックだけは、必ず注意して選ぶようにしましょう。

 

今記事では、動画編集に最低限必要なものを紹介していますが、予算に余裕がある人や本格的に動画編集始めたい人は、マウスやチェア、周辺環境も揃えていくと、編集効率が上がります。

▼詳しくは、下記の記事を参考に

動画編集を快適にする周辺グッズ7選!【効率UP×疲労削減へ】

 

編集ソフト

参照:https://www.tanomana.com/adobe/

撮影素材とPCが揃えば、あとは編集ソフトがあればOKです。

動画編集ソフトと言っても、沢山の種類があるので、初心者の方はどれにしようか迷うと思います。

 

有名な編集ソフトの例

Adobe Premiere Pro

・Final Cut Pro

・Davinci Resolve

この中でも、動画編集を仕事として行っていきたい場合は、Adobe Premiere Proの1択で間違いありません。

 

Premiere Proを選ぶべき理由は、複数あります。

・動画編集案件はPremiere Proを使用する案件が8割以上

・ハリウッドレベルのソフト

・無料のチュートリアルが豊富

・他の編集ソフトよりも自由度が高い

・他Adobe製品との相性が良い

・プロジェクト(編集データ)を他者に共有できる

・表現の幅がとにかく広い

 

中でも、動画編集の案件や仕事は、Premiere Pro縛りの案件が8割を占めているというポイントは大きいです

KOSEI
趣味だけで映像制作を行うのであれば、無料のDavinci Resolveもオススメですが、仕事でやっていく場合は、早いうちにPremiere Proを契約しておきましょう。

 

Premiere Proを契約する場合は、単体の月額サブスクもありますが、殆どのクリエイターは、Adobe CCという年間プランを契約しています。

私もそうです。

Adobe CCは、かなりお得なプランで、Premiere Pro以外の20以上Adobe社サービスを使用できるようになります。

映像制作をしていると気付く思いますが、PhotoshopillustratorAfter Effectsといったソフトも必然的に使う機会が増えてきます

 

それらのサービスが全て使い放題にできるAdobe CCのプランはコスパ最強です。一昔前であれば、こんなことあり得なかったでしょうね。

Adobe CCは、社会人でも学割プランを購入して、正規値段より格安でサブスクする方法があり、下記リンクから購入できます。


詳しくは、下記記事でも解説済みです。

Adobe CCとは!?お得にAdobe製品を使用できる方法を解説【動画編集始めたい方へ】

 

実際に映像製作を始めていくステップ

では、カメラ、PC、編集ソフトの3点が揃ったとして、これから実際に作品を制作していく段階になりますね!

大きく分けて

・撮影

・編集

の2パートに別れます。

既に撮影素材が手元にあり、撮影が必要ない方は、このまま編集作業に入っていくことになります。

 

撮影について

映像素材を作るために、必要になってくるのが撮影です。

YouTube動画でも、テレビでも、映画やMV、CMでも 殆どの映像は、撮影された映像素材を編集して作られています。(CGやインフォグラフィックス動画のようなアニメーション動画は例外です。)

撮影には、カメラが必要ですが

正直、YouTubeのような人が話しているだけの動画を定点(カメラ固定)で撮るだけであれば、iPhoneでも事足りる場合がありますし、かなり簡単です。

 

KOSEI
一方で、企業VPMVのような類の動画になってくると、話が違います。カメラもボケ感(リッチ感)を出せるものが好まれるでしょうし、撮影の難易度も上がります。

撮影は、「ただ撮影ボタンを押して、被写体に向けていれば良い」こう思ってしまう人もいると思いますが、

撮影は奥が深いです。

例えば、映画撮影構図には、全てに理由があります。一般の視聴者は気づかない点が多いですが、自分で撮影を行い、自主映画を作ってみると、撮影の難しさに気付くはずです。

では、撮影のスキルや知識はどうやって身につけるのがいいのでしょうか?

<結論> 
実際に自分で撮影をして作品を作る

プロの作品と比べる、感想を貰う

軌道修正

この繰り返しだと思います。

撮影には、カメラの知識と撮影方法の知識が必要になりますが、そういった情報は今の時代、YouTube上に沢山あります。

下記は、私も参考にしているオススメのカメラや撮影系のYouTubeチャンネルです。是非参考に!

POINT動画編集しかしない」という人でも、撮影のスキルと知識は、持っておいた方がベターです。編集スキルとの相乗効果があります。

 

また撮影構図に関する勉強としては、フィルムメイカーのバイブル「filmmaker’s eye」を1度は読んでおくと良いでしょう。

編集について(独学 or スクール?)

編集に関しては、どんな動画を制作するかによって、難易度も変わりますし、勉強方法も異なってくると思います。

単純なテロップを入れるだけのYouTube動画であれば、数日勉強すれば、誰でもできると思います。ただし、少し凝った編集が必要になるYouTube動画の場合、それなりに勉強時間が必要になります。

編集スキルを磨くには、2つのパターンがあります。

・独学

・スクールで学ぶ

です。

KOSEI
ちなみに、私は編集については、完全に独学で学んできました。もちろん映像制作会社のディレクターさん達から教えて頂いたことも色々あります。

私は映像制作が趣味レベルでも好きだったので、独学でここまで来れましたが、人によっては、料金を支払ってスクールで学ぶ方が近道と考えるみたいなので、

どちらがいいかは、人それぞれです。

ただネットを見ていると、紹介目的で、動画スクールを極端にオススメしている記事も沢山見かけるので、注意が必要です。

KOSEI
2年程独学で学んできて、企業や有名人の映像制作をしている私の感覚では、今の時代であれば、GoogleYouTube無料の教科書になると思っています。

 

とはいえ、編集ソフトやPCの基本操作が不安な方であれば、安心できるスクールで学ぶのも選択肢の1つなのかなとも思います。

 

私は独学で学んできたので、おすすめのスクールは特に紹介できないのですが、

先に紹介したPremiere Proなどの編集ソフトAdobe CCをサブスクすると、デジハリ(デジタルハリウッド)ヒューマンアカデミーたのまな が用意してくれている初心者向け講座マニュアル動画が特典で付いています。

正直有料のスクールに通わなくても、初歩的なことは、こういった講座で勉強しちゃえばいいと思います!

KOSEI
上記のようなAdobe公式パートナーからAdobe CCを契約すると一石二鳥ですね。

 

映像製作を始めてみよう!

今回は、これから「映像制作を始めてみたい!」という方へ向けて、映像制作の始め方を解説してみました。

あまり予算がない方は、スマホで映像を撮り、最低限のスペックのPCでも、まずは作品を作ってみるところから始めてみましょう!

映像制作という世界は、とてもクリエイティブな世界でいつもワクワクします。

そして、これからの時代は特に多くの企業や個人に喜んでもらえる、また人をハッピーにできるスキルだと思います。

KOSEI
映像制作の需要は、これから増すばかりです。皆さんのご活躍を心より祈っています。

 

もし当記事を読んで、いいなと思ったり

実際に映像を始めてみた方は、YouTubeなどでお気軽にご連絡頂けると嬉しいです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。