初めてのドローンにMavic Miniがオススメな理由と感想をフリーのクリエイターが解説【映像付き】

VLOG

Mavic miniで初の空撮に挑戦したい!使用してる人の感想やレビュー、映像を観てみたい!オシャレなVlogや映像を作ってみたい。どんな作品作れるのか観てみたい! 

 

こんな方、当記事を参考に

 

KOSEI
こんにちは、フリーで映像製作をしているKoSEIです。実際に映像作品も公開しています。YouTube

 

早速ですが、今回紹介するMavic miniについてお話をします。

まず、Mavic mini199gという小型コンパクトな設計を誇っている為、日本の航空法規制対象外。

 

しかも、3軸ジンバル付き×2.7Kまでの映像を撮ることができるという、、世界的大ヒット中の画期的なドローンです。

今回は、DJI社Mavic mini(マーヴィックミニ)について私が自分の作品(Mavic miniで撮影した作品)と共に紹介します

今回の記事は、下記のような方に参考になる記事です。

・Mavic miniが欲しい

・Mavic miniの性能を知りたい

・Mavic miniを安心にお得に購入する方法を知りたい

・Mavic miniでどんな映像作品を作れるのか観てみたい

では、早速紹介します。

 

▼Vlogの始め方については、下記の記事で紹介しています。

Cinematic(シネマティック)Vlogの作り方を具体的に解説

DJI Mavic miniの性能・基本情報について

下記は、Mavic miniの基本的な情報です。

 

特徴は、なんといっても、航空法規制対象外の199g以下という軽さにも関わらず、3軸ジンバル付でブレのない映像を撮影できるほか、2.7Kまでの高画質に対応してる点です。

では、詳細を確認しましょう。

 

【DJI Mavic mini 基本情報】

料金 本体 46,200円 
Fly more コンボ 59,400円(オススメ)
重さ 199g
大きさ(折りたたみ時) 140×82×57 mm
大きさ(フライト時) 160×202×55mm
最大飛行時間 18分
最大飛行速度 46.8km/h
カメラ最大解像度 2.7K 30fps
障害物検知 下方のみ
ジンバル 3軸ジンバル

 

Mavic miniを折りたたんだ時の大きさは、スマホくらいの重さと大きさなので、マジか!と驚きますが、

実際に空に飛ばしてみると、かなり安定した飛行が可能です。

 

さらに、3軸ジンバルでブレを防ぐ×2.7K画質という武器があるので、本当にプロ並みの臨場感ある映像を撮影することができます。

 

KOSEI
さすが天下のDJI。

 

最大飛行時間に関しては、最新の上位機種 Mavic Air2の飛行時間が34分なので、

正直な所、もっと長く飛行できたらいいのになぁ〜という感じはありますが、

 

サイズを日本の航空法対象外にするため、ギリギリの199gにした点を考慮すると、バッテリーの大きさが小さくなるのは、仕方ないですね。

また、価格的にもMavic air2本体が105,600円、対して、Mavic miniが46,200円と倍以上の価格差があります。

 

やはり、総合的に判断してMavic miniはかなり高コスパで最高なドローンなわけです。

 

Mavic miniを使ってみた感想

KOSEI
上記は、Mavic miniを使用した映像を複数入れている私の作品です。

ズバリ、感想は、

このサイズのドローンで、こんなに高画質かつ、安定した映像が撮れるのか!!!

という感じです。驚きです。

 

画質に関しては、最近は4Kに対応している高性能なカメラやドローンが増えていますが、正直な所、Mavic miniの2.7Kの高画質映像でも十分に綺麗です。

特にYouTubeなどで映像を見る場合、2.7Kでも4Kでも、そんなに違いは気になりません。

上記の私の作品を観てもらえれば、Mavic miniの映像の綺麗さを確認できると思います。

 

KOSEI
私が使用して気になった点も正直に述べると、2点ほどあって、

まず1つ目がバッテリーです。

Mavic miniは、超小型化に成功した代わりに、バッテリーの要領は小さいです。最大飛行時間が18分なので、何十分もずっ〜っとドローンを飛ばしっぱなしにしたい人にとっては、少し不安かもです。

 

なので個人的には、Mavic miniを購入する場合は、充電ポートと予備のバッテリー2つが付属しているFly more コンボ が最もおすすめです。

 

KOSEI
おそらく、殆どのMavic miniユーザーが下記のFly more コンボ を使用していると思いますよ! 私もです!

もう1つ気になった点は、プロペラのモーター部分が剥き出しになっている点です。

これは、設計上仕方がないことなのかもしれませんが、モーターが剥き出しになっていると、そこから砂やホコリが入って故障の原因になりやすいです。

 

KOSEI
実は、私も1度砂浜で使用して、プロペラに砂が噛んでしまい、修理が必要になりました。幸い下記のような掃除器具で自己修理できたのですが、

 

これからMavic miniを購入する人には、下記のようなモーターカバーとメンテナンス用のエアダスターを持っておくことを推奨します。

 

初めてのドローンならMavic miniで十分すぎる

・これからドローン空撮をはじめてみたい人
・初めてドローンに挑戦する人
・本格的な空撮を勉強したい人
・かっこいい映像やVlogを作りたい人

 

KOSEI
上記のような人には、Mavic miniで十分すぎると思います。

 

先にも述べた通り、Mavic miniは小型ドローンという位置づけではあるものの、ジンバル付×.2.7Kに対応。ドローン界の王様DJI社の製品です。

 

そして、199gなので、航空法規制対象外です。航空法規制対象外でも、注意は必要ですが、200g以上のドローンと違い、気軽にドローンを飛ばしやすいです。

 

値段も本体のみだと、5万円を下回る値段。

 

ドローン初心者がドローンをロスト(無くすor壊す)のリスクも考えると、やはりMavic miniは、初めてのドローンにオススメです。

 

細かな機能に関しても十分に揃っていて、付属のコントローラにスマホを接続して、初心者でも簡単に操縦できるようになっています。

 

自動で離陸地点(ホームポイント)まで戻ってきてくれるRTH機能も備えています。

 

また、Maivc miniには、下記の映像のようにクイックショットモード(ドローニー、ロケット、サークル、ヘリックス)というハリウッド映画さながらのアングルで自動撮影してくれるような機能もあります!

 

KOSEI
凄すぎ(笑)

 

 

どこで購入するのが安心×お得なのか

DJI社の商品を購入する際は、DJIオンラインストア、DJI正規代理店、楽天やAmazon からの購入が通常ですが、

DJI製品を購入する際は、基本的にDJIオンラインストアの(公式HP)からの購入が最もオススメです。

 

理由は下記、

・DJI製品はどこも定価で販売してる。キャンペーンで安くなるのはDJIオンラインストア
・Amazon並みの出荷スピード
・DJI独自の保証が受けられる
・サポートを受けられる

 

特にDJI独自の保証、DJI Care Refreshは、有効期間内で、もしドローンが壊れた、紛失したみたい事故があれば、少額負担で新品に交換してくれたりします。

また何かあった際に、DJI社から購入していると、サポートも優先的に受けられます。

 

楽天やAmazonのポイントが溜まっている場合は、そちらで購入した方がお得なケースもあると思いますが、

KOSEI
自分に合った購入法を選びましょう!

 

 

Mavic miniの作品事例(Vloggerが選ぶ)

KOSEI
下記は、いくつかYouTube上にある、Mavic miniで作られた映像作品やオシャレなVlogなどです。是非参考にしてみてください。

 

 

こいった作品を鑑賞して、自分もこういう作品作ってみたいなぁーと、ワクワクするのも楽しいですよね!

 

 

まとめ

以上、DJI Mavic miniを実際に使用してみて感じたことや基本的な情報を共有しました!

 

Mavic miniは、これからドローンを初めたい!という人に、かなりオススメできる!コスパ最強なドローンです。

 

また、

KOSEI
当サイトを参考にして、映像制作やVlogに興味を持った!ドローン空撮をはじめた!という場合、インスタYoutubeで絡んで頂けると幸いです!是非、一緒に頑張りましょう!

 

今回は以上です。

 

▼参考関連記事

流行りのCinematic Vlogとは?日常をカッコよく表現?!誰でも作れる?!

Adobe CCとは!?お得にAdobe製品を使用できる方法を解説【動画編集始めたい方へ】