映像・動画制作を個人、自分で作る方法と必要な費用について

動画編集

自分のお店や個人の催し物、MV(ミュージックビデオ)などの映像作品を自分で作ってみたいけど、方法や費用についてわからない

こういった疑問をお持ちの方、当記事を参考に

個人経営カフェのPR動画、アーティストのMV(ミュージックビデオ)、企業や個人の催し物の動画などの映像制作を

・制作会社やクリエイターに頼もうか
・自分で作品を制作してみようか

こんな風に悩んでいる方へ向けた記事です。

今回は、自分で映像を制作する方法やコスパについて、わかりやすく解説していきます!

 

▼当記事の執筆者

KOSEI
東京や四国をメインに映像製作(企画、構成、撮影、編集までワンストップにて)をしているKoSEIです。映像作品も公開しています。YouTube

 

映像・動画制作は個人でもできる時代になっている 

宣伝がてら、上記は私がプロデュース、監督、撮影、編集をした作品です。

クオリティの高い映像は、企業だけではなく、個人でも制作できるような時代になりつつある。これは事実だと思います。

映像制作や動画編集は、年々需要が高まっていますが、(YouTube等がいい例)

そういった時代の変化に伴って、カメラ機材編集ソフトも技術革新が進んだことで、以前よりも安価に手に入れることができる時代になってきました。

KOSEI
ほんの十数年前であれば、100万円以上のカメラでないと撮れなかった映像が、今では10万円〜20万円ほどのカメラで撮れたりします。

編集に関する知識も、一昔前とは違い、現代では海外のチュートリアル動画を中心に、編集に関する知識が無料で勉強できる時代になってきました。

よって、映像制作のハードルは、徐々に下がってきています。

もちろん、百戦錬磨の映像制作会社やクリエイターが制作する作品は、そもそものレベルが違いすぎますが、

あくまで、個人それなりのクオリティの映像を作りたいという前提で考えると、今の時代は、映像初心者でもそれなりに見栄えのいい作品を作りやすい時代になっているのは確実です。

 

自分で映像を制作するメリットとデメリット

では、自分で映像を制作する際のメリットデメリットについて、費用感などを交えながら解説します。

自分で映像制作するメリット

全てのクリエイティブを自分がコントロールできる

自分で制作する1番のメリットは、これだと思います。自分で映像を制作するということは、自分が監督であり、カメラマンであり、エディターということです。全てのクリエイティブを自分でコントロールできます。

継続して作品を制作していく場合は、コスパが良い

映像制作を始める際は、費用と時間がかかりますが、ある程度経験を積んで、継続して動画制作をしていく場合、最終的なコスパは良くなっていくでしょう。

手に職のスキルが身につく

映像制作のスキルは、かなりマルチです。

企画構成、ディレクション、撮影、編集など

幅広いスキルが自然と身に付いていくので、映像制作が仕事の1つになる日も来るかもしれません。

 

自分で映像制作するデメリット

費用と膨大な時間がかかる

一昔前と比べると、映像制作にかかる費用は下がっているものの、初期費用と勉強時間はそれなりに必要です。

YouTube等の気軽な動画であれば、iPhoneのようなスマホでも最低限の撮影は可能ですが、それなりのクオリティのPR動画等のような映像を撮るためには、ミラーレス一眼やシネマカメラは必要です。

レンズ等を含めると、そういった機材への費用が最低でも15万円〜20万円は必要になると思います。

動画編集ができるPCが手元にない場合も、PCの費用が馬鹿になりません(10万円〜30万円程)

編集ソフトに関しては、Davinci Resolve等であれば、無料で使用できます。(※有料版でないと使用できない機能もあります。)

最初から高クオリティな映像を作るのは、難しい

初めての映像制作で高クオリティな映像作品を作るのは難しいです。どんなにセンスがある人であっても、最初は撮影や編集の知識と技術不足がネックになるでしょう。

映像制作と言っても、構成の作り方も重要ですし、撮影や編集に関しても多くの知識と経験が必要になってきます。

自分で映像を作る場合は、まずしっかりとした機材や編集ソフトを用意して、実際に映像作品を作りながらクオリティを上げていく必要があります。

 

必要な機材や編集ソフトについて【費用について】

では、これから自分で映像(動画)制作をされる方が用意しておくべき、必要な機材や編集ソフトについて費用感を交えながら解説していきます。

既に前述しておりますが、映像制作には、最低限 下記3点が必要です。

・カメラ
・PC
・編集ソフト

 

カメラ

映像制作においてカメラは、映像素材を撮影する道具です。

映像制作でいう映像素材は、料理でいう食材です。

どんなに調理スキルがあっても、良い食材がないと美味しい料理を作れないのと同じで、映像制作でも、より良い映像素材があれば、成果物のクオリティは上がります。

そこで、映像素材を作るためには、カメラが必要となります。

KOSEI
カメラと言っても、どんな映像作品を作りたいかによって、話は変わってきます。

一般的なYouTubeのような動画や家族の想い出動画であればスマホ(例-iPhone11〜12等)でも十分かもしれませんが、

店舗PRウェディングムービーMV等を制作したいのであれば、早い段階で、プロ仕様シネマカメラ一眼レフカメラ等を用意するべきです。

 

KOSEI
多くのトップクリエイターが愛用している王道のおすすめカメラを下記に紹介します。

 

Sony α7Ⅲ 20万円前後

α7Ⅲは、ド定番のロングセラーカメラです。

最強のフルサイズミラーレスカメラで、高速オートフォーカス機能搭載、2420万画素のクオリティ、バッテリーも大容量で、もちろん手ブレ補正も付いています。

この機種の後継機は更に性能UPしているのですが、値段が中古車みたいな価格になってしまうので、現状、これから映像を始める方には、α7Ⅲが丁度良いのではないかと思います。

▼作品事例

 

α6600 16.5万円前後

2019年の9月に発売されたα6000シリーズの最上位機種カメラです。

小型のミラーレス一眼カメラにも関わらず、5軸ボディ内手ぶれ補正搭載、バッテリー容量が拡大、自撮りにも最適なカメラです。

この機種さえあれば、当分困ることも、他の機種が欲しいと思わされることも無いと思います。

▼作品事例

 

Panasonic GH5 mark II 22万円前後

こちらはSonyではなく、Panasonicの名機GH5シリーズの最新機種GH5 markⅡです。

GH5は、Sony α7Ⅲとの購入で迷う人が多い機種だと思います!

使用用途によっては、連続撮影時間にも制限がない(Sony α7Ⅲは30分)GH5の方が初心者にとって、とっつき安いかもですね!

▼作品事例

 

BMPCC4K シネマカメラ 15.5万円

最近かなり注目を集めてきたカメラがシネマカメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」通称BMPCC4Kです。

このカメラは、プロの現場でも使われる程のカメラです。例えば、あの「アベンジャーズ」とかの映画でも使われたことがあるそうです。

BMPCC4Kの大きな特徴は、シネマティック な編集に不可欠なカラーグレーディングに適応したRAW動画を撮ることができること。 少し癖のあるカメラですが、映像美は頭1つ抜けています!

KOSEI
このレベルのカメラなのに、価格は15万円前後なので、はじめてのカメラでも検討してみる価値はあります!

▼作品事例

 

PC (一定のスペックは必要) 10万円〜30万円前後

続いて、編集する為には、PCが必要です。

KOSEI
私が使用しているPCは、MacBook Pro 16 インチです。

 

動画編集を快適にできるPCを選ぶ際は、下記の項目をチェックして選定することをおすすめします。

メモリ: 16GB以上 (8GBも最低限の編集は可能)

・CPU : Core i7以上

・ストレージ(容量)500GB~1TB以上

上記スペックだと、相場的には10万円少し超える価格帯〜30万円前後の値段です。

 

私は30万円程のMacBook Pro 16インチを購入しました。少し値段が高いですが、4K映像でも楽に編集ができます。 

MacBook は、売却する際にも価値が下がりにくいので、最終的にコスパは悪くないです。

比較的値段が安いMacBook air でも、最新のものであれば、簡単な動画編集は可能です。

PCは、Windows でもMacでもいいですが、スペックだけは、必ず注意して選ぶようにしましょう。

 

編集ソフト 無料〜年額サブスク

参照:https://www.tanomana.com/adobe/

撮影素材とPCが揃えば、あとは編集ソフトがあればOKです。

動画編集ソフトと言っても、沢山の種類があるので、初心者の方はどれにしようか迷うと思います。

有名な編集ソフトの例

・Adobe Premiere Pro

・Final Cut Pro

・Davinci Resolve

この中でも、動画編集を仕事として行っていきたい場合は、年額サブスクAdobe Premiere Pro
の1択になるのですが、

今回のように、自分や個人としての動画を自主制作したい場合は、無料Davinci Resolveが最もコスパ良く、オススメかなと思います。

 

コスパとクオリティを求めるなら、プロに頼む

映像・動画制作は個人でも十分に制作できる時代になっているのは間違いないです。

ただし、映像初心者の方が0から機材やPCを揃えて、勉強していくには、それなりの費用時間が必要だということも間違いありません。

よって、コスパクオリティを求めるのであれば、映像クリエイター等に頼む方が圧倒的にコスパが良いと思います。

とはいえ、映像や動画制作に仕事や副業、趣味として取り組んでみたいという方は、自分で店舗PRやMVなどの作品を制作してみてもいいかもしれませんね!

今回は以上です!

▼参考関連記事

映像・動画制作の始め方と手順について解説 【初心者でも安心】

モーションエレメンツとは?評判や使い方について【動画編集はテンプレで効率化】