【初心者向け】Vlogの始め方を解説、必要な機材や編集ソフトは?!【誰でもできる】

VLOG
Vlogを始めてみたいけど、始め方がわからない。
Vlog作成に何が必要なのか知りたい。
おすすめのカメラを知りたい。

 

こういった方、当記事を参考に!

KOSEI
こんにちは!フリーで映像製作をしているKoSEIです。

 

今回は、Vlog(ビデオログ)Video +Blog の始め方を解説しています。

 

最近、日本でもVlogというワードが認知され始め、若い人を中心に流行り始めました。

Vlogは、日常をおしゃれな感じでシェアできたり、かっこいい映画のような映像を作成できたり、楽しみ方も幅広いのが特徴です。

Vlogは、動画や映像初心者の方でも、比較的カンタンに参入できるジャンルです。

 

当ページでは、
Vlogの始め方について具体的に解説しています。

▼参考関連記事

動画編集を快適にする周辺グッズ7選!【効率UP×疲労削減へ】

✔︎Vlogを始める手順を確認

まずは、Vlogを始めるにあたって、全体像を把握しておきましょう。
Vlogを始める際は、一般的に下記のような流れになると思います。

1.Vlogを知る
2.何を発信したいのか決める
3.撮影してみる(機材を揃える)
4.編集してみる(編集ソフトを使用)
5.オシャレな音楽を使用する
6.
Vlogや作品をシェアする 

では、各Stepごとに、詳しく解説します。

 

1.Vlogを知る

そもそもVlogとは?
Vlog(ビデオログ)=
Video +Blog
Video +log
を略した言葉がVlogです。

Vlog stands for a video blog or video log, and refers to a type of blog where most or all of the content is in a video format.
参照:WORKING TOGETHER FOR CREATIVE CHANGE

 

KOSEI
Vlogは、簡単に言うと、動画や映像バージョンのブログです。

 

また、Vlogの最大の特徴は、なんといっても、誰でも簡単に発信できることです。

企画や台本が、必ずしも必要ではなく、ただ好きなことや日常を発信するだけで構いません。

Youtuberのように、「はいっ!こんにちは!!〇〇でぇす!!」みたいなノリをしなくても、Vlogでは、ありのままの自分を表現できたり、肩の力を抜いて取り組むことができるのも魅力的です。

 

Vlogを発信している人達は、「Vlogger」と呼ばれます。

 

 

2.何を発信したいのか決める

Vlogのことが、なんとなくわかれば、
早速、何を発信していくのか決めましょう。

自分が好きなことや得意なことを発信すればOKです。

 

例えば、

・筋トレが好きな人→筋トレのVlogを撮る
・在宅ワークをしている人→在宅の日常を撮る
・料理が得意な人→料理してる風景を撮る
・旅が好きな人→旅のVlogを撮る 

 

なかなか何を発信しようか決められない人へ

Vlogの場合は、何を発信してもOKなので、無理矢理ジャンルを絞る必要はありません。後から、「これもやりたい!」みたいな感じでも大丈夫です!

 

KOSEI
私の場合もCinematicというジャンルの映像作品を発信しています。

 

良かったら、下記の記事やYoutubeを除いてみてください!

流行りのCinematic Vlogとは?日常をカッコよく表現?!誰でも作れる?!

 

 

3.撮影してみる(機材を揃える)

撮影してみましょう!

「まず簡単にVlog始めてみたい!」という方は、
とりあえずお手持ちのスマホカメラでもOKです!

 

簡単にVlogを撮りたいという方へ
オススメの機材は、

スマホだと、3つのカメラが付いている動画スマホの代表、 iPhone11 Proです。
手ブレ補正も付いていて、そのままアプリでサクッと編集できるのが強みですね。

→iPhone11 Pro

 

オールマイティなVlogにオススメなカメラは、DJI社の世界的大ヒット作品DJI Osmo Pocketです。

Osmo Pocketは、有名Youtuberや世界中のVloggerも愛用しているカメラなので、聞いたことある人も多いと思います。

4K対応ジンバルが付いているので、小型ながらも、ブレを無くしてくれます。滑らかな映像を撮影することができ、かっこいいシネマティック Vlogなどを作成することも可能です。

 

KOSEI
私もDJI Osmo Pocketを利用して、下記のようなシネマティック作品を作成しています。良かったら参考にしてみてください。

 

DJI Osmo PocketはVlogにおすすめ?Vloggerが自分の作品と共に紹介してみる。

 

これから本格的にVlogを始めてみたいという方は、
上で紹介しているDJI Osmo Pocketが本当にオススメなのですが、

 

例えば、このような場合、

「映画のようなCinematic作品を本格的に作りたい!」
「サーフィンやスポーツをしている映像を撮りたい!」 

 

「映画のようなCinematic作品を本格的に作りたい!」であれば、Sony α6400Sony α7Ⅲのようなミラーレス一眼レフがオススメです。

 

「サーフィンやスポーツをしている映像を撮りたい!」であれば、間違いなくGo Proのようなアクションカメラが最適ですね。

▼自分がどういったVlogを撮りたいのかによって、どのカメラが適しているのか考えてみるといいですね。  

 

 

4.編集してみる(編集ソフトを使用)

編集してみましょう!

カメラと同様、編集ソフトに関しても、「とりあえずVlog作ってみたい!」というような場合、スマホのアプリでも十分です。

初心者向けVlog編集に向いているアプリだと、VLLOとかVIDEOLEAPが有名です。最近だと、VNとかもオススメです(無料)。 

 

PCで本格的に編集したい場合は、

Adobe Premier Pro【本格的】
Final Cut Pro【本格的】
Filmora9【初心者にも使いやすい】
DaVinci Resolve【無料かつ高性能】 

などが
有名どころです。

 

KOSEI
ちなみに、私はVlogを始めたばかりの頃は、Filmora9で始めました。

その後、より本格的に動画編集をやりたく、仕事にも生かしたいので、Adobe Premier Proを使用するようになりました。

 

「Youtubeで、Vlogをアップしていきたい!」というような方は、やはり後々のことも考えて、本格的な編集ができるAdobe Premier Proのようなソフトがオススメです。

多くの人が使用しているので、チュートリアルや情報も多いです。

 

プレミアプロ を通常のほぼ半額で契約できる方法は下記の記事で解説しています。

Adobe CCとは!?お得にAdobe製品を使用できる方法を解説【動画編集始めたい方へ】

 

最初は、とにかく下手でもいいので、早速編集にトライしてみましょう!

 

 

5.オシャレな音楽を使用する

Vlogにオシャレな音楽やBGMは必須ですね!

有名な国内外のクリエイター達の多くが、ArtlistEpidemic Soundなどのロイヤリティーフリーの音楽サイトを使用しています。

KOSEI
私は、以前までEpidemic Soundを使用していましたが、現在はArtlistに乗り換えて愛用しています!

 

下記記事では、ArtlistEpidemic Soundの比較、Artlistをお得にサブスクする方法を詳しく解説しています。

ArtlistとEpidemic Soundはどっちがおすすめ?両方経験したVloggerが解説

 

 

6.Vlogや作品をシェアする

Vlogが完成したら、早速YoutubeやSNSにアップして、誰かに観てもらいましょう!

多くの人に観られて、多くの人に価値を提供してこそ、そのVlogにも価値が生まれます。

 

Vlogは、下記のような媒体でシェアするのが王道です。

・Youtube
・Instagram
・Twitter
・TikTok 

 

✔︎Youtubeのチャンネル開設は、とても簡単です。

下記記事は、引用させて頂きましたが、わかりやすくYoutubeチャンネル開設の手順が紹介されているので、是非参考にしてみてください。

youtubeチャンネルの作成法【サルでもワカル図解2020年版】

参照ページ:不安を安心にSwichした中年男の挑戦記 https://ytsp012.com/category/about-kt

 

 

✔︎まとめ

以上、これからVlogを始めたい初心者向けに、
Vlogの始め方を解説させて頂きました!

これから、間違いなく動画のトレンドや需要は伸びていきます。

是非、日常や大好きなことをVlogで表現して、楽しんでみてくださいね!

 

KOSEI
当サイトを参考にして、Vlogをはじめてみた!という場合、インスタYoutubeで絡んで頂けると幸いです!是非、一緒に頑張りましょう!

 

今回は以上です。